可燃性ガス

文字通り、燃える可能性のあるガスの事。意外とその種類は知られていない。
定義としては、空気と混合した場合の爆発限界の下限が10%以下のもの及び
爆発限界の上限と下限の差が20%以上のものを可燃性ガスと言う。
尚、その多くは毒性ガスであり、人体に極めて有害である。
代表的なものを、下記に挙げておく。

都市ガス・プロパン(LPG)・アセチレン・メタン・ブタン・イソブタン
アンモニア・一酸化炭素・水素・硫化水素

注)上記は可燃性ガスのごく一部の例です


お見積もりはこちら カタログ請求、各種お問い合わせはこちらから


チームマイナス6%
Copyright©2008MATSUURASEISAKUSYO.Ltd.All rights reserved